• 事例集

    • 綿ニットベストの色泣き綿ニットベストの色泣き
      ご依頼品 スカート(コットン・綿) ビフォー アフター ご依頼内容 色泣き修正 状態・作業 家庭で洗濯したところ色が滲んできたとのこと。業界では色泣きと呼んでいます。 もう少し派手に出ていたのをここまで抑え込み、あとは部分的に処理しました。 白の部分は抜染処理、ベージュの部分は限界まで抜染し後は染色補正で目立たなくしています。 レストア費用 2750円(クリーニング代金込)
    • 和服のしみ抜き和服のしみ抜き
      ご依頼品 正絹着物(呉服・和服) ビフォー アフター ご依頼内容 しみ抜きのみ(染み抜き・シミ抜き) 状態・作業 真ん中のしみ抜きのみのご依頼です。 地色が真っ白ではないため、しみ抜き後白くなった部分に染色補正で色を戻して仕上げます。 レストア費用 しみ抜き・染色補正:5500円
    • 和服のカビによる変退色和服のカビによる変退色
      ご依頼品 正絹着物(呉服・和服) ビフォー アフター ご依頼内容 変退色の修復(染色補正) 状態・作業 カビにより染料が壊され色がオレンジ色に変わっています。 主に青の染料が真っ先に破壊されるためオレンジ色に見えるという現象です。 失われた色のみ戻していき、元の黒に直します。 レストア費用 しみ抜き・染色補正および丸洗い:22000円
    • オイルド加工の修復(リプルーフ)オイルド加工の修復(リプルーフ)
      ご依頼品 ウールコート ベルトやフラップにオイルドコットン使用 ビフォー アフター ご依頼内容 オイルド加工の修復・リプルーフ 状態・作業 バブアーなどオイルド加工された商品は特殊な水洗いで洗浄します。 ドライクリーニングを施すと加工してあるオイルがすべて落ちてしまい、ただの綿の洋服となってしまうためです。 特に汚れのひどいものなどはドライクリーニングで完全にオイル抜きをし、その後水洗いできれいに汚れを落としたのちに再加工(リプルーフ)を施す場合も多くありますし、当店でも年間数件お引き受けしています。 今回はウールの製品(基本的にドライクリーニングする素材)にオイルド加工を施したパーツ(基本的にドライクリーニング出来ない素材)を組み合わせたありえない商品で、絵表示的にはドライクリーニングのみとなっていたうえ、何のデメリット表示もなかったため、気づかずにドライクリーニングを施した結果、オイルド加工が流れ落ちてしまったという事例です。 メーカー保証によりリプルーフ加工を施させていただきました。 レストア費用 19800円
    • スカートのプリント柄の色泣きスカートのプリント柄の色泣き
      ご依頼品 スカート(コットン・綿) ビフォー アフター ご依頼内容 プリント柄の色泣き修正 状態・作業 家庭で洗濯したところ柄が滲んできたとのこと。 色泣きの原因やタイプはそれぞれ異なりますので、状況に応じて修正方法が変わります。 レストア費用 3300円(クリーニング代金込)
    • 和服のシミ・染み・しみ和服のシミ・染み・しみ
      ご依頼品 正絹着物(呉服・和服) ビフォー アフター ご依頼内容 全体しみ抜き(色修正・染色補正あり) 状態・作業 色々なところに写真のような染みがあります。 着物の場合、久々に出したら染みがあったということが多く、数年経った染みとなります。 しみ抜き後、染色補正(色修正)をしています。 レストア費用 しみ抜き・染色補正および丸洗い:49500円