「2021年2月」の記事一覧

毛玉取り

オプションメニュー

毛玉取り・ピリングカット 毛玉取りとは? ニット製品などの気になる毛玉(ピリング)をきれいにカットします こんなお客様・品物におすすめ 毛玉が気になるけどとるのが面倒な方 ニット製品等 毛玉が小さすぎて取れない衣類 毛玉 […]

しまい込みセット

オプションメニュー

しまい込みセット しまい込みセットとは? クリーニング後にお洋服にかぶせてあるビニール袋はお持ち帰り後、外して保管していただく必要があります。湿気によるカビや変色などのトラブルの可能性があるからです。しまい込みセットは防 […]

光触媒(消臭)加工

オプションメニュー

光触媒(消臭)加工 光触媒(消臭)加工とは? 体臭や食事の際に付く臭いを光の力で消臭します。繊維に光触媒をコーティングしますので、次回の洗浄まで臭いの元になる物質を速やかに分解し続けます。 こんなお客様・品物におすすめ […]

クローゼットサービス

オプションメニュー

クローゼットサービス(保管・ストレージ) クローゼットサービスとは? 洗濯工房ラスカルで大切な衣類をしっかりと保管いたします。ご自宅のクローゼット代わりにご利用ください。(衣類の保管サービス・ストレージサービス) こんな […]

UVカット加工

オプションメニュー

UVカット加工 UVカット加工とは? 紫外線は生地や染料・顔料を少しずつ痛めています。そんな紫外線から生地を守るための加工です。 こんなお客様・品物におすすめ 日傘 帽子 色褪せを防ぎたい衣類全般 カーテン UVカット加 […]

花粉ガード加工

オプションメニュー

花粉ガード加工 花粉ガード加工とは? 衣類をコーティングして、花粉などの物質が付着しづらく、また落としやすくなります。 こんなお客様・品物におすすめ ご本人・ご家族が花粉症の方 花粉ガード加工料金 トップス・ボトムス : […]

抗菌防カビ加工

オプションメニュー

抗菌防カビ加工 抗菌防カビ加工とは? 天然素材のお洋服はシミや汚れがなくても菌やカビの栄養源。カビが生えると衣類に穴が開いたりすることも。衛生面でも心配な菌やカビから衣類を守る加工です。 こんなお客様・品物におすすめ 礼 […]

防ダニ加工

オプションメニュー

防ダニ加工 防ダニ加工とは? 小児喘息やアレルギーの原因となっているダニに対して強力な忌避作用があります。 また非常に安全性が高いため、安心してご利用いただけます。 こんなお客様・品物におすすめ 喘息をお持ちのお子様 ア […]

防虫加工

オプションメニュー

防虫加工 防虫加工とは? 大切で高価な衣類ほど虫食いに悩まされますよね。防虫剤は揮発性のガスで衣類を守りますのでクローゼットの開け閉めで効果がうまく発揮できなかったり、違う種類の防虫剤の使用でトラブルが起こったりします。 […]

エレカット(静電気防止加工)

オプションメニュー

エレカット(静電気防止加工) エレカットとは? 衣類のイヤなまとわりつきやパチパチの原因となる静電気を抑えます。 こんなお客様・品物におすすめ スカートの裏地がまとわりつく ズボン ニット類 エレカット料金 トップス・ボ […]

折目加工(折り目加工)

オプションメニュー

折目加工 折目加工とは? プレス時の折り目を強くする加工です。加工剤には撥水性能もありますので雨にも強く折り目が長持ちします。 こんなお客様・品物におすすめ 梅雨時のズボン、学生のヒダスカートに ズボンのクリース(折目) […]

ぬいぐるみクリーニング

特殊品クリーニング

ぬいぐるみは思いのほか汚れています。容赦なく部屋に入り込んでくるほこりやPM2.5などの粒状物質、花粉やタバコのヤニ。お子様が愛着をもって遊んでいるぬいぐるみですと手垢やよだれ等々。だからといって自宅で洗うのは面倒だし自 […]

ドライソープの投入量

クリーニスタblog

ドライクリーニングの時に入れる洗剤の量は 衣類に吸着されて消費する量+衣類の汚れを落とすのに必要な量 ということになります。 でも、これを完璧に把握するのは正直無理な話ですよね。 実際には一度に洗う衣類の量に対して必要な […]

ドライソープを濯がない理由。

クリーニスタblog

石油系ドライ機のベースタンクにドライ溶剤を満タンにします。 ドライソープの種類によって濃度は異なりますが、溶剤のおよそ0.3%~0.5%になるようにドライソープをあらかじめ入れておきます。 要するに常にその量のドライソー […]

ドライ溶剤って捨てないの?

クリーニスタblog

洗剤を入れて洗った後の水ってどうしてます? 変なこと聞くなぁ?って思いますよね。 そう、洋服の汚れが溶けた洗浄液はそのまま排水溝へ捨ててしまいますよね。 どう考えてもこれが常識。 でも、ドライクリーニングに使う溶剤はとい […]

水洗いとドライって何が違うの?

クリーニスタblog

水は水溶性の汚れを落とすのが得意です。 逆に油性の汚れは苦手です。 なので、洗剤の力を借りて油性の汚れにも対応します。 ドライ溶剤は水とは反対に油性の汚れが得意で水溶性の汚れが苦手なので、こちらもドライソープと呼ばれる洗 […]

ページの先頭へ